クラシアンが届ける確かな和式トイレのトラブル解決

和式トイレのトラブルの多くは、各設備やパーツ、あるいはジョイント部分の経年劣化に基づく不具合が原因であり、比較的新しい洋式トイレとは異なる要因が発見されるケースが大半です。例えば水を流す際に用いるレバーに対し、必要以上に何度も引く、回す、踏むなどを重ねる中、パーツ周辺の耐久性が限界を超えてしまっても致し方ありません。こうした破損に至る以前には殆どの場合、何らかの不具合の兆候が現れます。それを当たり前とせず、速やかにクラシアンにご一報から点検作業を一任される判断が求められます。

また目に見えぬ箇所での異物の堆積など、外部からは目視確認が叶わぬ原因のトラブルも数多く、こちらも優れた専門知識と技術を誇るクラシアンの対応が欠かせません。また和式トイレのトラブル防止に際しては、日常の清掃作業プラス皆様ご自身での各ポイントのチェックが求められます。

同時に元来流してはならない固形物や大量のトイレットペーパーなどが詰まりの原因となるケースも数多く、特に不特定多数の利用者が断続的に訪れる公共和式トイレの場合、こうしたリスクが避け切れません。管理を担われる法人様向けのクラシアンの無料相談窓口を通じ、クラシアンではこうした和式トイレ施設管理に関するご相談にも対応していますので、ぜひご活用ください。クラシアンでは全ての和式トイレのトラブル予防から解決に際し、常にベストな対応をお届しています。